今般の岐阜県・岐阜市合同「高齢者入所施設の従事者を対象とした予防的PCR検査モデル事業」への参加につきましては各社報道や当ホームページでご紹介したところですが、その検査結果につきまして、

検査対象者全員 陰性

という結果が出ましたので、ここにお知らせ致します。結果を受け、気持ちも新たに引き締め直し業務にあたって参ります。

緊急事態宣言の解除、あるいは条件が緩和される方向になりつつあるという報道もされていますが、三輪会各施設・事業所では、ご入居者様、ご利用者様、ご家族様に安心安全にご利用して頂くため、「社会福祉法人」「介護施設」という社会的責任に鑑み、厚生労働省、岐阜県、各市町村による対処方針等を踏まえ『新型コロナウイルス感染対策ガイドライン(第2版 R2.5.1改訂)』を策定の上、継続して全施設、全事業所、全役職員が感染症予防・感染症対策に努めております

社会福祉法人三輪会 新型コロナウィルス感染対策ガイドライン(R2年5月1日付 第2版)

第4波を懸念する声も少なからず聴かれるところとなっております。引き続き、皆さまのご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。