三輪会ブログをご愛読下さり誠にありがとうございます。

新型コロナウイルス感染症により影響を受けられている皆様方に心よりお見舞い申し上げます。
また、医療・介護従事者はじめ保健・感染防止にご尽力されている皆様に敬意と深い感謝を申し上げます。

ご入居者様、ご利用者様の健康と安全、そして感染の収束を祈りながら、節分の催しを行いました。特養光の園調理部からのレポートです

今年は過去に何回か失敗したゼラチン粥での太巻き刻みソフト食を作ることに成功しました

作り方は炊飯器にゼラチンと共に粥を炊き、炊きあがったら寿司酢を混ぜて冷まします。錦糸卵のシートに鰻蒲焼、煮て刻んだ干し椎茸、かにかま香り箱、ふくなおさんのちょこっと緑ちゃんを並べて巻き、それをラップごと寿司粥で巻き、周りに青のりをまぶして切り分けます。普通食に近い見た目にこだわっています。

稲荷寿司はふくなおさんのやわらかいなりをいつも使用しています。流動ソフト食はカップに海苔ソフトを塗ってから寿司飯流動を流しいれ、長細く作った具のソフト食を切って飾りました。流動ソフト食の稲荷寿司も型を使って手作りしています。

食形態に関わらず全ての皆さまに、見た目も味はもちろん雰囲気までも美味しいお食事を楽しんで頂けたものと思います。

 

新型コロナウィルス感染症の『第6波』が猛威を振るっています。社会福祉法人三輪会では、『新型コロナウイルス感染対策ガイドライン』を早期から策定し、全施設、全事業所、全役職員が感染症予防・感染症対策に全力で努めています。

令和3年5月1日改訂 新型コロナウイルス感染対策ガイドライン 第3版

また、新型コロナウィルスだけでなく、季節性インフルエンザやその他ノロウィルスなどの感染症等についても、継続して感染症予防・感染症対策に努めながら、ご入居者様、ご利用者様の「安全・安心・感動・感激」に努めて参ります。